インフォ
  • 豊田商店はこんなお店です

HOME > ブログ > コラム一覧 > 最高のキムチとは?気になる「条件」と「食べごろ」

コラム
投稿日:2020.02.10
更新日:2020/09/16

最高のキムチとは?気になる「条件」と「食べごろ」

「最高のキムチ」を一言でお伝えするのは難しいのですが・・・。
まずは豊田商店のキムチづくりについて少しお話させていただきます。

豊田商店のキムチづくり「2つのこだわり」

 

豊田商店は大阪・鶴橋にて50年以上営業しているキムチ専門店でございます。
創業当初からキムチ作りには特に2つの“こだわり”を持っております。

【こだわり1】

一つ目のこだわりは、スタッフ一同お客様に喜んで頂けるように気持ちを込めて一つ一つ手作りで製造していること。手作りで製造するということは機械製造にはない「ぬくもり」があると考えております。

※創業以来こだわり続ける製造過程の詳細はこちら

【こだわり2】

二つ目は素材選びです。キムチに含まれる唐辛子は主に本場韓国のものをベースに一級品のものだけを使用。ニンニクは青森県産、白菜は愛知県や長野県の最高級のものだけを使用しています。

※こだわり素材探しの詳細はこちら

豊田商店おすすめキムチランキング

 

【第1位】 初めてのお客様におすすめ!人気キムチのお試しセット

おためしキムチセット
人気商品を詰合せた「お試しセット」はこちら

【第2位】 本格キムチの定番「白菜キムチ500g」

白菜キムチ
安定の美味しさ!定番白菜キムチはこちら

【第3位】人気キムチ6種をセット「贅沢キムチ6種盛り」

贅沢キムチ6種盛り
キムチと珍味の6種セット「贅沢キムチ6種盛り」はこちら

【第4位】本場韓国で大人気「チョンガキムチ」

本場韓国の味チョンガキムチ
大根を丸々漬け込んだ本格「チョンガキムチ」はこちら

【第5位】みんな大好き歯ごたえバツグン「キュウリキムチ500g」

キュウリキムチ
食感とみずみずしさが人気「キュウリキムチ」はこちら

 

キムチの種類と『宮廷キムチ』

 

ポッサムキムチの素材

 

皆さまもご存知の通りキムチの種類は豊富です。白菜、胡瓜、大根、スルメやジャコなど、色々なキムチがありますが、豊田商店で冬季限定販売する「ポッサムキムチ」も最高のキムチの一つです。
「ポッサムキムチ」は下処理した白菜にイカ・栗・松の実・林檎などを包み、ヤンニンで漬け込んだ贅沢なキムチで、韓国の王朝で食べられたことから『宮廷キムチ』とも呼ばれています。
『宮廷キムチ』だなんて…なんて素敵な言葉でしょう!昔の王朝の方々が食べていたのを想像しながら食すと自分も宮廷の仲間入りしたような感覚になっちゃいます^^

 

ポッサムキムチ

※豊田商店が作る本場韓国式ポッサムキムチを見る

キムチの食べごろについて

 

“食べごろ”は個人の嗜好による差がございます。「浅漬けが好き」とか「発酵が進んで酸味が多いものが美味しいわ」など様々な好みの方がいらっしゃいます。
それにこたえてくれるのが『キムチ』!なのです!
キムチの万能さは自分の好みに合わせて冷蔵庫の中で発酵できるところ。皆様のお好きな味の時に食べる事が「最高のキムチ」かもしれません。

キムチは乳酸菌の宝庫

 

豊田商店のキムチに含まれる乳酸菌

じつは、キムチは世界でも類を見ない総合的な発酵食品。
豊田商店のキムチは乳酸菌が多いのが特徴です。腸内環境を整えることで免疫力がアップ。健康効果だけでなく、カプサイシンの美容効果でお肌がきれいになるともいわれています。
すなわち、「最高のキムチ」というより「キムチが最高!!」なのだ!^^

豊田商店のキムチに含まれる乳酸菌のヒミツはこちらから!

記事一覧に戻る