インフォ

  • 豊田商店はこんなお店です

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 現在のランク:{@ member.stage_name @} / ご利用可能ポイント:{@ member.total_points @}

キムチの製造過程

こだわりの食材を使い、創業以来変わらぬ伝統の漬込み法。
先代オモニの味「白菜キムチ」豊田商店はこの ”白菜キムチ” から始まりました。

使用する野菜は
国内産だけ

豊田商店で使用しています白菜はすべて国内産で主に長野県や愛知県のものです。特に冬の黄芯白菜は甘く肉厚がたっぷりで「白菜キムチ」には最適でございます。

手作業

全ての工程を手作業で行うこだわり

豊田商店では素材から製品化するまで一部を除き手作業で行っております。機械作業での製造は効率よく多くのものを製造することが出来ますが、微妙な塩加減や混ぜ方などは人の手に勝るものはないと考えております。 そこが当店でキムチ作りをする際一番大切にしている「ぬくもり(手作業)」なのです。

おいしさを倍増させるための
伝統の味付け

キムチは一見辛そうに思われがちですが、必ずしもそうではありません。

豊田商店では辛さの中にも甘さと風味を大切にするため、唐辛子はもちろんの事、美味しさを倍増するために塩加減やニンニクの量、アミエビ等を季節に応じて変えております。

キムチ一覧はこちらから

こだわりのトウガラシ

「豊田商店」の辛さはこのトウガラシから生まれます。

キムチには欠かせない「唐辛子」。豊田商店では毎週本場韓国より一級品の「唐辛子」を仕入れて使用しております。

本場韓国の唐辛子は辛さの中にも甘さがあり、適度にもちもちとしており、とても香り豊かです。その唐辛子をメインに少し辛みのある中国産をブレンドすることにより、辛さの中にも甘さがある秘伝の薬味が出来上がるのです。

大阪鶴橋にて50年以上、みなさまに愛されてきました豊田商店。

門外不出の味を守る者も私で三代目となります。今も昔も変わらないのは「手作り」と「素材選び」です。

これからもお客様からの「美味しかった」というお言葉を頂けますよう、キムチ作りに励んでまいります。